Cooperation Worksではスポーツ用途向けのアンダーウェアの機能設計・制作を行っています。このウェアは肌に密着し、吸汗・速乾性に優れています。

各部の圧力設計により、トレーニング用や保護用、回復用に作ることが可能です。

電気・電子分野とは全く関係ないように思われますが、さまざまな要素が進歩した今日では、人と物を繋ぐ(IoT)うえで最適な製品の一つとなる可能性が高い製品です。

Cooperation WorksではIoTを意識し、さらに製品本来が持つ特徴を最大限に発揮できるアンダーウェアの開発を行っています。

一般的に各寸法の設計は下表の標準規格を基準に設計されています。

一般的な衣類であれば問題ないのですが、機能性ウェアの様な体にフィットしたウェアでは少々問題となります。
それでも多くの製品が表の規格をベースに作られており、十分な性能を出せなかったり、元より性能は適当に作られていたりする場合が多々存在します。

アンダーウェアは体にフィットして性能を発揮します。体型に合わないサイズでは性能が期待できないことは容易に想像できます。

そのため標準とする寸法は必ずしも一般的な平均値が良いとは限りません。理想的には個々人に合わせてオーダーメイドできれば良いのですが、現実的にはほぼ不可能なため、標準とする寸法をどう設計するかは非常に重要となります。

Cooperation Worksのウェアは性能を実感できる寸法設計とその性能を維持する耐久性を提供します。