fbpx

測定を行います。様々な動きに対して測定することができます。MSの取り付けに際しては付属のベルトで装着できない箇所についてはテーピングなどで固定し、装置が動かない様にしてください。またAnalysisにて確認する際に行った動作と波形を結びつける様に考えてください。どの様な動作でどう動いているか普段から意識できる様になることで動作の改善にもつながります。

※ブラウザーの戻る◀︎で戻ってください。